7/6(土) 断乳しました。

保育園にも慣れてきたし、そろそろ本格的に断乳をしようかな~と考え始め、今日を開始日に決めた一週間前
『7月6日でおっぱいバイバイだからね~』と言うと必ず『バイバイしな~い』『おっぱいすきなの~』と言ってたKMU。

今までも何度かチャレンジしたことがあった。
一歳の時、『早くやめた方がご飯も食べるしいいよ』と言われやってみたけど泣きわめき、転がりまくりで居間から玄関まで行ってしまい、こりゃ無理だとあきらめた。

一歳七ヶ月の頃、友達から『一歳六ヶ月くらいで自然にやめたよ~』って話を聞くことが多く、様子をみてたけどやめそうにないので断乳だっ!!と寝かしつけはKSJがやったりしてたけど1~2日はよくても続かず。
私ももう少しあげたい気持ちもあり、あきらめた。

バリから帰ってきた時、旅行中、何かっちゃあ、おっぱいを欲しがりあげてた。
同じくらいの子が飲んでる姿は見なかった。やっぱりもうやめなあかんかな~?と思ってちょっとやってみたけど、これから保育園も変わるし落ち着いてからのほうがいいかなって…。
できたら欲しがる間はあげたいって気持ちが強くなり、あきらめた。

断乳を決めたらやり通さなあかんというけれどこんなに失敗してかわいそうなことをしてしまったかな?
でも今回は大丈夫なような気がする。
私的にも十分、あげれた気持ちでいっぱいやし、KMUも食事量が増えてきてるし…。

そして、今回の断乳で参考にしたのが桶谷式
いつもは成り行き任せの育児やけどあまりにも失敗続きなので何か参考にした方がといいかと思い、探し当てたのがコレ。

桶谷式のすすめる断乳方法は、赤ちゃんから一方的におっぱいを取り上げるというものではありません。
断乳はおっぱいを介して一つになっていたものが、時期が来て二つの個体になることです。
赤ちゃんは立って歩いて一人前の人間になったのであり、 断乳後は、人間と人間のコミュニケーションの特徴である『言葉』でお互いを理解し合うようになるのです。
母乳育児を通してお母さんと赤ちゃんは太い絆を作り上げていきます。
この太い絆は子供の心に絶対的な信頼感となって残ります。
このような絆が授乳中に作られたからこそ、きっぱりとした断乳ができるのです。
そして子供は、次のステップへすすんでいきます。
断乳は、巣立ちの準備が出来た子供の背中を押してやるようなものです。
熟した果実が枝から落ちるような、自然の営みです。
ですから、断乳は『いくつになったから、行う』というものではありません。
母と子が本当に満足するまで授乳を行い、そしてお互いの意志で卒業することが大切なのです。


桶谷式で断乳出来る条件としてあげているのは
①一人歩きが上手に出来るようになっている
 一人でしっかり歩ける=ママから自立できている目安です。
 また歩行がしっかり出来る時期と胃腸環境が食事から栄養が取り込めるようになる時期が
 重なっているということも有ります。

②堅さのある食事を食べれる様になっている
 沢山食べれている必要はありません。

③おっぱいに何のトラブルもないこと(乳腺炎、しこり、水疱など)

④赤ちゃんママどっちも健康なこと

•夏場は少しずらした方が良い。
•引越などで環境が変わって間もない時など、赤ちゃんの心が不安定になりやすい時期にも避けた方が
 無難です。
•断乳をする前には尚一層食事に気を付けて今まで以上に美味しい母乳をあげる。

と、いろいろ書いてありますが私もこれを知ったのは10日程前の話なんですけどね・・・。
断乳の仕方が今の私たちの状況にあってるかな?と思って~

そして、一週間前から毎日、『おっぱい、もうすぐバイバイだよ~』と言い続け、ほんとは一日一回って
書いてあったけどけっこう言っちゃったかも・・・037.gif
今朝、最後の授乳を終えました。
二年間、いっぱい飲んでくれてありがとね~
もうちょっと飲んでる姿を見てたい気持ちもあったけど・・・
昼間、欲しがった時に他の人のブログでレモン汁を塗ったというのをみて、これもやってみようとレモンがないので
そばにあったオレンジをこすって『痛いんよ~』って見せたらおっぱいから何やら汁が出てると思ったみたいで
それから、全く口をつけることはなかった。
欲しくなると『おっぱい、いたい?』とは聞いてたけどそれ以上、欲しがらず、夜も少し泣いたくらいで一人で寝た。
とりあえず一日目は終わったけど明日からどうなるかな?
[PR]

by qqea | 2013-07-06 21:52 | 育児